こんにちはー。縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

みなさんは学校で「なわとびカード」を使いましたか?技があって、成功したらシールを貰えて、ある程度シールが貯まると進級して・・・

面白いことに、なわとびカードは日本中の小学校で導入されているんですよ。

カードに印が増えていくと楽しいです。ただ残念なことに、取り組みながら自然と上達するように考えられたカードはこれまでありませんでした。

ただ技を羅列してるだけなんですよ。

体育の授業必需品!!【なわとびカード】を作る時に気を付けたい2つの問題

2014.09.11

そこで縄跳び専門の指導歴10年以上の縄のまっちゃんが、知識・経験・指導ノウハウを全て注ぎ込んで本当に上達できる「まっちゃん式なわとびカード」を創りました。

まっちゃん式なわとびカードが着目したポイント

我々大人にとって、縄跳びを子供に教えるのは難しいです。なぜなら、何も考えずに跳んでしまうからです。教えようにも「こうやって、前に回して、こうっ!」のような言葉でしか伝えることができないんですよ。

でもこれでは伝わりませんよね。教わる方だって「じゃ、一体どうやったらできるのさ!?」となってしまいます。

まっちゃん式なわとびカードでは、とび方を身につけるのにどの順番で取り組めば最も効率的に習得できるか?に着目しました。

順番に課題に取り組んでいけば自然と上達できる仕組みを作れば、コーチや先生がいなくても子供に縄跳びが自然と上達する考えたのです。

上達を促すために同じような課題を複数回やることもあります。これは従来のなわとびカードには無かったまっちゃん式なわとびカードの大きな特徴です。

課題を作るまでのやり方

  1. とび方同士の効率の良い習得の順番を検討
  2. 個別のとび方同士の関係性を整理
  3. 取り組む個別のとび方を選定
  4. 個別のとび方を細かく分析
  5. とび方を習得するのに必要な運動の課題を検討
  6. 効率よく学習できる順番を研究
  7. 課題の選定と順番を決定

豊富な課題設定で脱落を最小限に

なわとびカードで一番多い失敗が、途中でヤル気をなくしてしまうことです。

よくあるカードだと「まえとび」→「あやとび」→「こうさとび」→「二重跳び」みたいにとび方が並んでますよね?でも、途中の練習をどうすればいいか?については何も教えてくれないんです。

「前とび」ができたら自然と「あやとび」ができると思いますか?もちろん、そんなことありません。

この手のカードは知ってるとび方を並べて表にするだけで作れます。つまり、誰でも作れる簡単なカードなんですよ。簡単だからこそ「とび方の特性」も「上達の段階」も「練習のステップ」も全て抜け落ちてしまう。

そりゃ子供たちだって、このカードを渡されてもどうやって練習したら良いかわかりませんよね。

まっちゃん式なわとびカードは、上達の道筋を課題で示すことを意図して作成しました。そのため一つずつの運動を細かく分けて、スモールステップ方式でとび方を習得できるようになっています。

実際にカードに使われている課題の例

  • まえとび
    • 片手でまわす
    • 反対の手でまわす
    • 片手でまわしながら走る
    • 両手で持って走りながら回す
    • ・・・
  • 二重跳び
    • 前とびを10秒で20回とぶ
    • 前とびを10秒で25回とぶ
    • 前とび3回から1回に挑戦する
    • ・・・

このように課題を細かく分けたことで、一つずつのハードルが低く設定できました。結果として、途中でのつまづきを最小限に抑えることができるのです。

なわとび専門指導の第一人者が作成

まっちゃん式なわとびカードを作った「縄のまっちゃん」は、国内外で10年以上に渡りなわとび専門で指導をしてきた第一人者です。

2006年に日本初の定期なわとび教室「まっちゃんのなわとび教室」を主幹し、2016年からはJJRA名古屋なわとび教室を開校。一般社団法人日本なわとびアカデミー・JJRA代表理事として、なわとび指導の研究と普及を行っています。

各なわとび教室では前とびの苦手な生徒から「全日本チャンピオン」や「日本代表選手」まで幅広い生徒に教えてきました。

また2003年から続けてきた全国小学校訪問プロジェクトでは、過去に500校を超える小学校に訪問。授業を受けた多くの児童が「はじめて新しいとび方ができるようになる!」と高い評価を受けております。

さらには2005年に香港のジュニア選手のワークショップや小学校訪問を依頼され、以降は世界大会でのワークショップ、諸外国の子ども向け講座、指導者講習会、など国内外で多くの指導をしてまいりました。

これだけの指導経験、実績、ノウハウを持っているのは国内で「縄のまっちゃん」だけです。

なわとびカードをメモ用紙にしないために

なわとびカードは子どものヤル気を出すのに非常に優れた教材です。いまでも日本中の小学校で取り組まれているのが、何よりの証拠でしょう。

なわとびカードは単なるメモ用紙だけじゃなく、上達を促すツールとしてまだまだ可能性があるんです。


まっちゃん式なわとびカードは「初級編」で6枚組60課題、「完結編」で13枚143の課題を設定しています。

「文字だけで動きがわかるかな?」という人のために、Youtubeの動画で課題の一部をアップロードしております。実際の動きを見ながら練習すれば上達が早まるので、ぜひなわとびカードと動画を並行して取り組んでみてください。

なわとび技データベース初級編
なわとび技データベース上級編

まっちゃん式なわとびカードは下記のショップから、クレジットカードで購入可能です。注文後スグに届くメールにダウンロード用URLが掲載されていますので、3日以内にダウンロードをお願いします。

PDFダウンロードしていただき、プリンターで印刷すればスグに使うことができます。また一度ダウンロードしていただければ半永久的にプリントアウトが可能です。