なわとび検定カードの2つの効果と作り方のコツ(サンプル付き)

こんにちは!

縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

1つずつ技をクリアして穴埋めていき、一定の個数をクリアすると次のカードにすすめる「なわとび検定カード」。

全国的に縄跳びの授業で多く使われています。しかしなわとび検定カードが効果的に使われている学校はごく一部。

むしろなわとび検定カードの弊害によって、子供達がなわとびを嫌いになってしまうことも。この記事では、なわとび検定カードの2つの効果と、子どものヤル気を落とさな作成のコツを紹介します。

なわとび検定カードの弊害

なわとび検定カードは、使い方を間違えれば子どものヤル気を奪う原因になります。

初めのうちはいい感じに穴が埋まっていくなわとび検定カードですが、徐々にできる技も減っていきます。難しい技しか残っていないカードに、もはや楽しさは残っていません。

なわとび検定カードの楽しさは、穴が埋まっていくことで進級できる達成感です。

穴埋まらないし進級もできなくなってしまえば、子どものヤル気はドンドン削られていきます。

なわとび検定カードの2つの効果

なわとび検定カードには「基礎力向上」と「技術向上」の2つの効果があります。

同じ技を何回も連続でとび続けることで、縄跳びに必要な基礎力を向上させることができます。前とび20回とか、後ろとび30回とかのやつですね。

もう一つは二重跳びや交差とびといった、難しい技に挑戦する技術向上です。なわとび検定カードが難しい技を練習するキッカケになります。

ところが、世間で使われているなわとび検定カードのほとんどがこの両方をごちゃ混ぜにしているんです。さらに技術向上を目指したカードを作成するのは、ハッキリ言って非常に難しいです。

技術向上を目指したなわとび検定カードが難しい理由

技術の向上を目指す検定カードは、相当なわとびを分析しないと作れません。

  • どの運動がどの運動の基本になっているのか
  • 発達段階を考えて必要な課題は何か
  • 課題をクリアさせるためのスモールステップの分け方はどうするか

なかでも課題の設定と順番はデリケートで、上手く作らないとスグにつまずいてしまって次に進めません。

知っている技の名前を順番に並べているだけだと、技術向上を目指すなわとび検定カードにはならないのです。

基礎力向上が目的のなわとび検定カードは作りやすい

基礎力向上には同じ技を何回も繰り返すのが一番です。この目的のなわとび検定カードは比較的作りやすいといえます。

技をいくつか選んで、それぞれ目標回数を徐々に増やしていけば良いのです。

たとえば「まえとび」を3回、5回、10回と増やすイメージです。あとは技のバリエーションさえ増やせばいくらでもなわとび検定カードを増やすことができます。

ただし注意したいのが技の選び方。基礎力向上なので、あまり難しい技を入れるのはよくありません。

交差とびや二重跳びは大人にとっては簡単でも、子どもにとっては難しい課題なのを忘れてはいけません。

前とび、片足とび、かけあしとびなど、ほとんど同じ技術で派生できる技を入れましょう。基礎力向上を目的にするならとくに、課題の難しさに気をつけてください。

なわとび検定カードのサンプル

基礎力向上を目的にしたカードのサンプルを置いておきますので、是非参考にしてください。

基礎力向上を目的にしたなわとび検定カードのサンプル

このカードは5枚組のカードで、二重跳びを取得するための基礎力向上の一部です。

サンプルは4級ですが、3級、2級と進むに連れて技術向上を意識したカードになっています。

授業の外でも取り組む仕組みづくり

授業で練習する時間は多くて1年で10コマです。これだけの時間では、よほど集中して練習しない限り本当には上達しません。

大切なのは子供達が自主的に、授業以外の時間でも取り組む仕掛けを作ること。なわとび検定カードは、この仕掛けにピッタリの教材です。

基礎力向上を意識したカードであれば、時間さえ使えばどんどんクリアできます。楽しんで検定カードに取り組んでいる間に基礎力が向上して、次の技術に取り組むことができるようになる。

このような「基礎力向上」x「技術向上」を考えたなわとび検定カードを作ることで、子供達は自然と上達し縄跳びが好きになっていくのです。

ちなみに、縄のまっちゃんが作成した「本当に上達するなわとびカード」にはこの両方が凝縮されています。ぜひこちらの記事もなわとびカード作成の参考にご覧ください。

ここが違う!!なぜ「まっちゃん式なわとびカード」が本当に上達するのか?

2017.01.12