縄跳び競技を引退して、未だに後悔しているコト

f:id:shoichikasuo:20131016054943j:plain

やべ、この写真懐かしい…

ロープスキッピングとは「縄跳び」のこと。
種目ごとに競い合い総合で日本一が決定する。
詳しい競技内容はこちらのページを参考に。
日本ロープスキッピング連盟(JRSF) | Japanese Rope Skipping Federation

競技を引退したのは2010年、
最後に全日本に出場したのは2009年。
月日が流れるのは早いもんだ。

2010年にシルクドソレイユという道を選んで日本を離れてから、
実はいまだに心残りなことがある。

全日本ロープスキッピング選手権大会には、
「なわとび教室」の教え子と「縄の後輩」がたくさん出場する。

日本に居たころにやらせてもらっていた「まっちゃんのなわとび教室」。
この教室出身で、今でも競技を続けてくれている選手も多い。
なかには国際大会で上位入賞するほどの選手もいて、
教え子、なんて言うのが厚かましく思えるほど…(汗

彼らの活躍は嬉しい。
でも1つだけ心残りだったこと。

同じ大会、同じ部門、同じステージで、
彼らが自分をブチのめす機会を作れなかったこと

先輩と同じ試合に出て、真っ向勝負で打ち負かす。
きっと彼らにとっては意味が大きかったと思う。

何より教え子に「負ける」なんて嬉しい事この上ない。
だって自分が縄跳びを教えた人が、
屍を乗り越えて上へ行っくって!!

今では記録や技の難易度を見れば教え子たちが断然上。
でもやっぱり、
公式の試合の場で彼らにブチのめされたかった。

教室の教え子たち、後輩たち、
そして彼らが教えた次の世代。

これからも裏側として彼らの活躍を支えるていきたい。

関連記事