小学生にオススメの縄跳びとは?プロが素材やメーカーで徹底比較

こんにちは!

縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

小学校に入ると冬に必ず縄跳びの授業があります。授業で使う縄跳びは家庭で準備するんですが、お店に行くと大量の種類があってどれを選んでいいか分からないですよね。

でも、間違った縄跳びを選ぶと上達が遅れる恐れがあるんです。

そこで縄跳び指導歴15年の縄のまっちゃんが、素材とメーカーで徹底的に比較したオススメの縄跳びを紹介します。

縄跳びを選ぶポイント

縄跳びはレベルに合わせて素材で選びます。素材には大きく分けて4種類あります、

  • ビニール
  • 布紐
  • ビーズ
  • ワイヤー

間違った素材で練習すると上達が遅れる恐れがあるので、十分に注意してください。

小学生になって初めて縄跳びをする人

小学生になって初めて縄跳びをする、もしく幼稚園・保育園で練習していなかった人は、下記のようなある程度の重さと太さがある素材を選びましょう。

ビーズ素材の縄跳び

一番のオススメはビーズロープですね。ナイロン紐にビーズを通して作るられています。日本ではまだ馴染みがないですが、海外の小学生は広く使っている縄跳びです。

ロープにある程度の重さがあり、はじめての小学生でも回しやすいのが特徴です。またビーズが接地する時に音が出るためジャンプのリズムが掴みやすくなります。

ただしビーズが着いているため、場所によっては室内で使用ができません。柔らかい素材なので傷はつかないのですが、室内で練習する時は事前に使用がOKか確認をしましょう。

布製素材の縄跳び

幼稚園・保育園で広く使われている布製の縄跳びもオススメです。太さがあり可愛いデザインが多いのが特徴です。

ただし、布製の縄跳びは軽すぎるのが玉にキズ。中央におもりを付けるなどして工夫すれば良いのですが、初めての小学生には少し回しにくいですね。

また交差とびや二重跳びは非常にやりにくく上達を妨げます。もし小学校に上る前に布製の縄跳びを使っていたなら、進学のタイミングでビニール製のモノに買い替えてください。

すでに縄跳びが跳べる人

小学校に上る前から縄跳びをしていた人は、ビニール製の縄跳びを選びましょう。

ビニールは早く回したり、細かいコントロールがしやすい。二重跳びに挑戦したい人もビニール製を使いましょう。

アシックスのとびなわ

ビニール製でま最も有名なのがスポーツメーカーのアシックスが出している「JNF日本なわとび競技連盟公認」シリーズです。

競技用として開発された縄跳びなので、二重跳びやハヤブサがとびやすく設計されています。また結んで保管しても「クセ」が着きにくいため、小学生でも管理がしやすいのが特徴です。

アシックスは日本全国どこの県いってもたくさんの小学生が持っています。学校によっては一括で購入しているところもあるぐらい、跳びやすい縄跳びとして知られていますね。

La-VIE(ラヴィ)のとびなわ

あまり名前は知られていませんが、縄のまっちゃんイチオシなのが「LaVIE(ラヴィ)」です。

LaVIEはアシックスに比べてロープの素材が良いんですよ。硬すぎず柔らかすぎない丁度いい。アシックスは少し柔らかすぎて、交差とびやあやとびがやりにくいのが欠点なんです。

縄跳びは上達に合わせて選ぼう!

道具の選び方で縄跳びの上達は大きく変わります。同じ練習をしていても布製を使い続けていたら、いつまでたっても二重跳びができるようになりません。

「まわりの友達ができるのに自分だけできない・・・」

そんな小学生に限って、間違った縄跳びを使ってるんですよね。

縄跳びは一度買えば小学生の間はずーっと使えます。せっかくなら適した道具を選んであげてください。

ここが違う!!なぜ「まっちゃん式なわとびカード」が本当に上達するのか?

2017.01.12
関連記事