アイディアに振り回される身体。観客は「機械」に何度も感動はしない。

これからの時代、技術だけでは生き残れないのかもしれない。

斬新なアイディアや演出が無ければ、
いくら熟練の技術を持とうとも、
埋もれていく運命にあるのだろうか??

Staged Moon Night

少しネタが古いけど、ダンス界がこのところ演出ブームのようだ。
映像を組み合わせたりLEDを使って光の効果を利用したり、
これまでに無かった「機械との融合」が一気に注目された。

2個目のはCMでもやってたよね。
どっちも日本人が発案したものらしく、
海外でもすごい勢いでパクられてるとか(笑)

- 演出で際立つ『没個人』

日本人がこうして海外で脚光を浴びるのはうれしい反面、
結局、演出やアイディアの勝負なのかな?って寂しい思いになった。

演出で観客を引きつけるってすごいと思う。
ダンスに限らずコンサートとか舞台では無くてはならない。
『テクノロジー』との融合とかってヤツ。

でもね、、、
どうしても「人間」が二の次になってる気がするんだよね

例にあげたダンサーたちは、
きっとダンスそのものも上手なんだと思う。
あまりダンスは詳しくないので分からないけど、
Kagemuの人はダンス界でも有名らしい。

けど、

この演技をするのって彼らじゃなくても良いよね?

LEDダンスは顔の表情どころか性別も分からない。
Kagemuの人は男性ってのはわかるけど、
ダンスがある程度上手くて、映像とのリンクを出来る人なら誰でもいいはず。

可愛いアイドルとかがやっても良いよね。
って、そういやももクロがやってるか。

- 『人』を見るのか、『テクノロジー』を見るのか

ももクロのライブを例に挙げたけど、
当然のことながらこの場合は観客は「ももクロ」を見に来てるはず。
ファンの人が殆どなんじゃないかな。

でもたとえば、
『映像とのコラボレーションした新次元ダンスショー!!』
とかって銘打った舞台だったらろうだろう?
どこの誰かも分からないダンサーでも、
おそらく演出の斬新さをめがけて観客が集まるんじゃないかな。

反対に、
『○●の演出で有名な○●というダンスチーム!!』
みたいな売り方だってされていくと思う。
だって演出の方が有名で先に知っちゃうんだもん。

ためしに、果たしてどれだけの人がLEDダンスをやってるダンスチームの名前を言えるだろうか??

(※)正解はWrecking Orchestra

こうなってくると、
もはや演出目当てで舞台を見に行ってる感じがする。

- 派手さや話題性に踊らされる

ここから先は勝手な意見として読んでいただきたい。
舞台やステージに演出やアイディアにばかり傾斜していくと、
最終的には「技術も基礎も無い素人」が氾濫すると思う。

素人が数か月のリハーサルで振付を覚えて、
演出効果に合わせて動く練習をする。
あとは壮大な装置を持ってして、
それっぽいステージに創り上げてしまう。

こうなったら末期症状。
派手さや話題性に踊らされるだけだ。

広告は「次世代の○●」みたいな謳い文句、
演出の派手さや斬新さ、アイディアを売りにしている。
いざふたを開けてみれば、
動いているのは寄せ集められた素人同然の集団。

あなたはこのステージに安くないチケット代を払うことになる。

- 人は人に感動する、そうあってほしい(願望)

人は、生身の人間が「目の前で動く姿」に感動する。
いやそうあってほしい。
素晴らしい演出で観客が感動するのもわかる。
でもあくまで人間が主役であってほしい。

技を磨くのは人間の特権だ。
しかもいくら熟練したとしても「時に失敗するかもしれない」という脆さがある。
だからこそ「生身の人間」にしかできない。

声、手足の動き、息遣い。

観客は目の前の「人間」が動くのを見ながら無意識のうちに、
背景にある脆さと不安、これらに打ち勝つ心を感じ取る。

派手な電飾や映像の演出も良いけど、
もう少し『人間臭さ』に戻ってきてほしい。

演技と演出 (講談社現代新書)

演技と演出 (講談社現代新書)

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。