シルクドソレイユオーディションへの道のり【0章】 決めた!9月にオーディションを受ける

先日のShowで、Claireがキャラクターデビューをした。

元オリンピック選手の彼女、北京五輪にもトランポリン代表として出演していた。

競技出身の人がこうしてキャラクターとしてステージに立つのを見ると、応援したい気持ちと同時に、自分は何やってるんだろう?って悔しい思いに駆られる。

そこで縄のまっちゃんも負けじと、

キャラクターに向けての次のステップを踏み出すことにした。

Actors / Clowns: Auditions in Orlando, USA – September 2013

このオーディションは「クラウン」「アクター」向けのもの。つまり自分の目指すキャラクターの選抜という意味でもある。世界中の書類選考を通過した候補者がオーランド、La Noubaシアターに集結してオーディションを受けるのだ。

縄のまっちゃんも一般の候補者と同じ手順を辿る。

出演しているとか関係ない。

ゼロから同じ位置からスタートする。

まずは書類選考用の演技を作る。

プロフィールはもうLa Noubaに来るときに出してるヤツで。

演技の映像も撮影しなきゃ。

もちろんLa Noubaの中でバックアップになる夢、まだ捨ててないよ?

でもね・・・。

これは愚痴になっちゃうけど、

自分がLes Consを出来る可能性ってそう高くない、って気付いちゃったんだよ。諦めたくはない。でも正直いって厳しい条件。

まず自分がLes Consをやったら、誰がSkipping Ropesやるの?って話。nasaのソロになる?これは負担が大きすぎる。アクトの形も変化しちゃうし。

そしてLes Consってアクロバットできるけど、自分が出来るのは縄跳びだけ。長期プランでトランポリンで宙返りの練習を続けてきたけど、今回の怪我の一件で停滞。あまり大きな声じゃ言えないけど、半月板の怪我は少なからずトランポリン練習の影響もあったはず。半年ちょっと練習して、先の道のりがあまりに果てしないって痛感できたのは、ある意味で収穫だったかも。

この二つはディレクターからも面と向かって言われた事実。

事実は事実として受け入れなきゃならない。

今回のオーディションは公募のオーディションだから、つまりは全てマッサラな状態でチャレンジできる。Skipping のアクトがどうだとか、アクロバットが出来ないからどうだとか、関係ない。

やるか、やらないか、だけ。

想いとしては、La Noubaのキャラクターである「Les Cons」になりたいってずっと思ってる。今でもこの想いは変わらない。でも何もせず手招いているだけじゃ、前回の内部オーディションからずーっと進歩がないような気がして。何か出来ることがしたかった。

オーディションの話を聞いたとき、「今」やれることを見つけた感じがしたんだよね。

La Noubaでクラウンをしている、師匠のBalto。

オーディションに向けて稽古をつけてもらうため、スグにお願いに走った。

彼は笑顔で快諾してくれて、やる気があるなら一緒に手伝おうって。

けど次の瞬間ボソッと、

「一般向けのワークショップでは、皆に興味を持ってもらうために柔らかく指摘する」

「けどShoichiがオーディションを目指すんなら、本気で『善し悪し』を言うから覚悟しておけよ」

低い声で、真剣な目をしながら言っていた。

こえぇぇ・・・(汗

いやでも、

ここまで来たら頑張ろう。せっかく1歩目を踏み出したんだから。

まずはオーディションが受けられるように!!

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。