パクリの美学。アイディアを磨くのも立派なクリエイティブだと思う

縄跳びには数百、数千とも言われる技がある。

新しい技も日々発掘されて、もはや数年前では考えられないほど。

今は舞台が違うとはいえ、縄跳びの技をやっていることに変わりはない。

競技選手の技はもちろん、いろんな仲間から技を参考にさせてもらっている。

けど、ふと気付いてしまった、

「俺って殆どの技がパクりじゃん!!!」

って・・・。

一緒にShowをしているnasaのリリース、

Thomasの縄裁き、

AdriennやReneさんのスピードステップ、

みむさんのルーティンの作り方、

みずしーのリズムの取り方、

ヒジキの、、、は縄以外の部分だけど、

師匠のSADAさん、NORIさんは、もはや書き切れない。

ぱっと思いつくだけでも、これだけの人の技やアイディアをパクってる。

後輩、教室の教え子、彼らからも色んな技を参考にさせてもらったなぁ。

考えてたら「自分のスタイル」ってのが本当にあるのか不安になった。

実は全部が真似してるだけじゃない?って。

確かに自分には「ゼロから1」を作る力はない。

でも考えてるうちに、

「パクって掛け合わせる力」はあったんじゃないかなって思えるようになった。

誰かがやってる良い動き、技、アイディア。これらは素晴らしいものだし、初めて生み出した人って本当にすごいと思う。それこそ才能と努力の結晶だ。

頑張って新しいことを生み出す努力、自分だってやってきたつもり。でも当然そう簡単じゃない。思い浮かぶのは既に誰かがやってることとか、細かすぎて伝わらないとか。

こういう苦労を重ねて、みんな新しいことを生み出してる。

ってのは百も承知の上で・・・

色んなアイディアを掛け合わせるのも、一つの創作じゃないかな。もちろん元ネタには最大の敬意を払って、その上で別の要素を加える。たとえば【A】ってのに【B】を足して、【A’】にするぐらいの僅かな進歩でも・・・。

革命的な発見、世間の注目を浴びる進歩!とは行かないかもしれない、

けど、

皆が皆、ゼロから1を創ることばっかりじゃ、せっかくの素晴らしいアイディアが進歩しないんじゃないかな。誰かが生み出した「ダイヤの原石」を、色んな人が磨いていくような。

この意味で、

自分は「縄跳び界の磨き職人」ってなスタイルを目指そうかなと思う。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。