なわとび競技は夏が本番!!世界に誇る日本人選手達を応援しよう

世界的には、なわとび競技って夏のスポーツだ。

国内大会は年に一度、アジア大会と世界大会は隔年で交互に開催される。

アジア各国から10カ国ほどの国と地域が集結、

なわとび競技のアジア頂点を決める大会。

Asian Rope Skipping Federation

http://www.arsf.asia/

世界大会はすでに20を以上の国と地域が加盟ていて、大会規模も世界最大だ。

FISAC-IRSF

https://www.fisac-irsf.org/

自分が初めて参加したアジア大会は2003年だったから・・・。

時の経つのは早いなぁ(涙)

なわとび競技はなんと言っても「欧米」が強い。

この前オーランドで大会のあった「アメリカ」はもちろん、

なわとび大国「ベルギー」、Adriennの出身国である「ハンガリー」、

異例の世界選手権3連覇を果たした「オーストラリア」、

各国、層の厚さが素晴らしい。

けどアジアだって負けてない。

なんといっても日本のダブルダッチは世界最強だし、

単縄でも日本、香港で上位入賞、表彰台に乗る選手も出てる。

アジアはなんと言っても二大なわとび大国、

「日本」「香港」の一騎打ちって感じかな。

これは自分が出場してた頃から変わってない。

アジアに限らず、世界中のなわとび競技草創期にトップだった人が引退して、

彼らがコーチした世代がなわとび競技の表舞台にガシガシ出てきてる。

「次世代」が引っ張る今。

記録もジャンジャカ塗り替えられ、新技も目白押し、

まさに、なわとび競技の戦国時代。

アジア地域で今、一番の注目「香港」のHo Chu Tin選手。

彼はアジア人として初めて、個人戦で世界選手権の表彰台に乗った。

今回の大会でも日本勢の最大のライバルになること間違いなし。

※過去の世界大会・アジア大会の様子はこちら!

Rope Tube ~Jump Rope with YouTube~

http://ropetube.net/wordpress/asian-rope-skipping-championships/

なわとび競技に全力をかける日本代表選手たち、

彼らの活躍に期待して、皆で応援しましょう!!!

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。