シルクドソレイユオーディションへの道のり【3章】 公開オーディションは最初から受けられなかった!?

状況が一気に変化した。
このギリギリで、半分は自爆のどんでん返し。

f:id:shoichikasuo:20130719223025j:plain

オーディションに向けた練習を続け3ヶ月。
師匠のBaltoに諭されてオーディションを諦め、次のチャンスまで頑張ろうと決心した。
Baltoとのセッションは月に1度に減らし、自主練習の日々を送っている。

そんなある日、ディレクターと雑談の仲で今回のオーディションを受けないことを話していた。
すると、どうやら自分はシステム的な勘違いをしていたらしい、と気付いた。

まず、公開オーディションを自分が受けることは出来ない。
なぜなら既にShowに出演しているからだ。

公開オーディションはあくまで外部の才能をスカウトする場なので、
内部の人間は邪魔になる。

だが、そこはちゃんと内部でのオーディションの場も用意されていて、
それは公開オーディションと別日で同時開催されるのだという。
そこではどの種類のアクトでも受け入れてくれて、クラウニングもキャラクターもOKだ。

加えて、
自分が受けるべき、進みたい道につながるオーディションの種類が実は違っていた。
ずーっとクラウニングだと思っていたんだけど、実は、

「フィジカルアクター」

ってのが正しい。

クラウニングってのはあくまで「クラウン」というサーカス芸で、
フィジカルアクターってのは「身体表現全般」をあらわす。
ここには自分のやりたい「キャラクター」とか、「役者」「コメディアン」なんかも含まれる。

まぁどれもこれも境界線があいまいだったりするんだけどね。
(→ダンスは身体表現だ!とかね・・・)

ってことで、
9月の公開オーディションは、そもそも受けられなかった。

けど、同時開催される内部オーディションを受けられることになった。
これはお願いすれば誰でも受けられるんだってさ。

なんだこれ。。。

ちなみに、
いくら誰でも受けられるといっても、キチンと見せられるものを準備する必要がある。
自分が受ける「フィジカルアクター」の場合、
3分程度の短いソロ作品を創作して、実際にキャスティングの前で見せることになる。

あぁ・・・色々と時間がない(汗

とにかくこの2ヶ月で特訓してきたこと。
見てもらえるだけでも光栄と思って、
作品を創作する。

これに関してはBalto、そしてディレクターも協力してくれることになった。

ディレクターは以前のキャバレーでもすっごいお世話になってるし、
コメディへの造詣が深いから、すげー心強い。

パっと見はただの陽気なオジサンなんだけどね・・・。(失礼っ!)

師匠、そして上司、
色んな人に助けてもらえて、本当に感謝感謝。

紆余曲折あったけど、
キャスティングに演技を見てもらえることになって嬉しい。

さて、また練習に行こう!!

[スポンサードリンク]