変化し続ける才能に人は惹かれる。飴細工Miyukiさんの放つ魅力とは。

お久しぶりです。
ちょっと個人的な用事に付き、しばらくブログを放置してしまいました。。。
何やってたかは別の機会に紹介するとして。

 

早いモノで、息子も4か月。
ついこの前産まれたばかりな気もするし、
でも前からずーっと一緒だったような気もするし。

不思議な感覚。。

 

予防接種も済んできたし、4か月にもなれば外に連れ出しても平気かなってことで、
橙真と家族で初ディズニーへ。
一日中のベビーカーも初経験。

 

選んだ行先はEPCOT。
Food and Wineが始まったのもあったけど、
どうしても行きたい理由があった。

f:id:shoichikasuo:20130929160458j:plain f:id:shoichikasuo:20131002055436j:plain

 

実は、オーランドに来る前からずーっとお世話になっていた「飴細工」のみゆきさんが、
この11月でディズニーを卒業されるとのこと。

アメリカ行きが決まって、右も左もわからない状態から生活を始めるとき。
丁寧に地元のことを教えてくれて、食事会にも何回も招いてもらった。
車がない時期は、仕事前の貴重な時間に買い出しに連れて行ってもらったり。

いまのオーランドの生活の基盤は、みゆきさん無くしては語れない。

 

3年間しかみゆきさんのShowを見れなかったけど、
毎回見るたびに進化してて。
初めて見る人はもちろん楽しいし、回数を重ねてみる人にも新し発見と進化がわかる。
だからこそ何回も見に来るお客さんがいるし、17年間もの間ディズニーで愛されてきたんだと思う。

 

みゆきさんの卒業を知って、急いでEPCOTに行く旨をメール。
すると直前の連絡にもかかわらず、素敵な嬉しいプレゼントまで。

f:id:shoichikasuo:20130929155314j:plain

 

自分がクラウンに挑戦中の事、今がハロウィンだってこと、
そして息子の名前を入れたオリジナルの飴。

帰ってからも家族で感動。

みゆきさんのShowの間、息子の橙真も真剣に見つめる。
赤ちゃんにまで何かが伝わっているのかな。

みゆきさん、
本当にありがとうございました。
また11月までに遊びに行きます。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。