イベント出演のお知らせ [mono 〜Art charity show for japan earthquakes 〜]

あの時、
「自分に出来ることは何なんだ?」
って思い詰めた。

 


http://mono1.main.jp/

 

1月の一時帰国中、チャリティイベントに出演します。

このイベントは筑波大学時代の後輩、
黒田なつ子さんが主催するイベントです。

http://ameblo.jp/natsuko-kuroda/
(*)黒田さんオフィシャルブログ

 

彼女の幅広い人脈、企画力・行動力により、
素晴らしい人々の集うイベントになっています。

こんな素晴らしい人達と同じステージに立てるだけで光栄です。

 

2年前の東日本大震災。

あの日、自分は何もできず、
ただ涙を流してパソコンの画面を見つめることしかできなかった。

多くの仲間が被害に遭い、
思い出の場所が瓦礫に埋まり、

大切な仲間も奪っていった。

東日本大震災から2年が経ったけど、
原発問題を始め、まだまだ多くの問題が残っている。

 

第二の故郷である茨城も大きな被害を受けた。
縄跳びを教えに行ってたひたちなか市や、北茨城。

原発から数キロにある福島県の「広野」。
たった数年前、縄跳びのイベント出演でお邪魔した。
あの時、縄跳びを楽しそうに見てくれた子どもたちはどうしているのだろうか・・・。

いろんな思いが募る。
でも2年前に心に決めた。

 

「自分ができるのは、縄跳び」

 

縄跳びしかできない自分に、
素晴らしい機会を作ってくれた黒田さんに感謝。

今回のイベントを通じて、
被災された方々に少しでも気持ちが届けばと思っています。

 

みなさまのお越しをお待ちしています。

 

◆イベントは終了しました◆
沢山のご来場ありがとうございます

(*)チケット情報・公演スケジュールは公式ページをご覧ください。

mono 〜Art charity show for japan earthquakes 〜
公式ページ
FaceBookページ

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。