朝の新幹線は、子連れにとって恐怖体験である。

ご無沙汰しております。
2週間のお休みをいただきまして、日本に一時帰国、
今週の月曜日の夜中にフロリダ州に帰ってきました。

本当は1週間休みだったんだけど、ディレクターに無理を言って1週間の休暇延長。
結局、nasaには1日のソロをお願いして、
たった2週間の為に、再度Adriennにバックアップに入ってもらうことに。

ワガママを聞いてくれた仲間たちと上司に感謝感謝。

 

滞在はめっちゃめちゃ盛り沢山だったので、
少しずつ記事にしますー。

 

さて、少し前にこんな記事を書いた。

4年離れてわかった、海外在住で日本が恋しくなる5つのこと – なわとび1本で何でもできるのだ

1年も帰ってないと、一時帰国が待ち遠しい。
んでもって、記事に書いてあることは全部やった!!

VISAの更新、免許の書き換え、橙真の行政関係…は嫁が頑張ってくれてて、
書店にも行ったし、美味しいご飯も食べた。
温泉(人口含む)だって追い込みで3回も行った。

とまぁ結構な勢いで日本を満喫したんだけど、
実はシンドイ体験もした。

 

- 早朝の恐怖

帰国した時の最優先事項は「VISAの更新」だ。
これがないと、アメリカに帰ることができない。
今回は日程の関係上、大阪のアメリカ領事館で更新をすることになり、
日本到着翌日、家族3人朝一で大阪へ向かった。

しかし、
この時間帯の新幹線が恐怖だとは思ってもいなかった。

 

朝一の新幹線といえば、多くの人が「仕事」で乗車している。
車内は「新幹線でひと眠りして現場に向かおう」という雰囲気。
と、そこに0歳の乳児を連れた家族連れが乗り込んでくる。

まぁ空気も一気に変わるわけで。。。

 

この時間帯の新幹線、しかも700系を選んだ自分達にも非があった。
だってどんな乗客がいるか、少し考えれば容易に想像できたのだから。

本当は乗りたくなかったけど、VISAの予約もあるし仕方なく乗車。
結局、大阪までの1時間、
橙真をずーーっと、嫁がデッキで抱っこしてくれた。

 

でもね、
橙真は一度も泣かなかったんだよ。
(※嫁が頑張って泣かせなかったという話もある)

それでも、赤ちゃんを乗せてるってだけで視線は常に冷たくて、
橙真は泣いてないのに、嫁は怖いからってデッキに立っててくれた。

橙真と嫁の荷物を持って座席にいるだけの自分も、
逃げ出したいレベルの痛い視線。
橙真と嫁の様子を見に行って戻ったら、舌打ちした人も居た。

あの空気はマジで恐怖。

- まったく雰囲気の違う帰りの車内

f:id:shoichikasuo:20140130103027j:image:h400

 

帰りの新幹線は、反対にものすごい居心地がよかった。
時間帯はお昼過ぎ、人気の700系を避けたこともあってか、
乗客にはほとんど「仕事」で乗っている人はいなかった。

ゆっくり3人で座席に座って名古屋まで。

橙真も赤ちゃんながらに空気を察したのか、
朝の新幹線ではほとんど笑わなかった。

でも帰りはよく笑って楽しそうに遊ぶ。
途中、隣に座っていたご婦人達に愛想を振りまいて、

「何か月ですか?」
「可愛いですねー」

みたいに場が和む時間も。

結局、嫁の頑張りもあり、
帰りの新幹線でも橙真は一度も泣かず、和んだままで名古屋に到着。

 

★★

 

朝の新幹線は、お仕事を必死に頑張ってる方々が多くて、お疲れで、眠たいのだろう。
彼らにとって、こんな時間の新幹線に赤ちゃんを連れて乗るなんて、非常識なのかな。

 

でも、
こんな非常識を許してくれる人が増えたら、
子ども連れがもう少し暮らしやすくなると思うな。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。