まず、形にする。課題はあとから嫌でも見るコトになるのだから。

「ボトムアップ」と「トップダウン」

こんなやり方があるんだと、素直に目から鱗だった。

建て方準備・土台敷き込み

 

ここ数日は日本への一時帰国の記事だったけど、
戻ってきましたよラヌーバに。

時差ぼけもさほどなく、無事にショーの日々に復活。
まぁ家に一人ぼっちで暇を持て余してるんだけどね。。。
(※)嫁と橙真は、もうしばらく日本に滞在

んでもって、
先週はラヌーバの縄跳びアクトにとって意味ある週にもなった。
自分のバックアップで1週間入ってくれていたAdriennが、
今週限りでコーチとして指導をしてくれたのだ!!

世界で教え歩いている彼女の指導法は、目から鱗。
似た考えやバックボーンを持っているからこそ興味深い。

 

- 練習の対象は初心者だよ?

指導内容の詳細は諸事情で書けないんだけど、
まぁチームワークが必要なパートを教えてもらったと認識してもらえば間違いない。

nasaと自分を交えて、複数人で演技をする。
この演技の構成や練習を、集中的にAdriennが教えてくれることになっている。

うちらは、ある程度の技術は持ってる。
でも自分たち以外は素人同然。
運動のカンは良いかもしれないが、縄跳びを扱うのとはまた別。

素人を交えて、かつショーに持っていくレベルの演技を構成する。
この状態でどうやってコーチングするのかって、すごい興味があった。

 

- あれよ、あれよと進めていく

さぁどうするんだ?って感じの、
斜に構えた、嫌らしい目線で臨んだ初日。

 

けどお構いなしに、Adriennは初日からゴリゴリだった。
こう言っちゃアレだけど、ハッキリ言って無理矢理な構成。
きちんと基礎がある人ならともかく、
こんな構成をいきなり初心者にやらせるのか?!って目を疑った。

でもAdriennは止まることなく構成を作り続けて、
あっという間に構成が完成。

こんな状態でどうするんだ・・・?

と疑問は残りながらも。

 

★★

 

構成が出来上がってすぐ、今度は全体を通してみる。

「んなもん通るはずない・・・」

と、自分は相変わらず斜に構えた感じ。
確かに縄は通らなかった。しかし、

「何ができて、何ができないか」
「どこに問題があるのか」

この2つが一気に明白になった。
つまり、この後どうやって練習を進めていけば良いか、
その羅針盤が同時に出来上がっていたのだ。

自分はというと、
意表を突かれたような、拍子抜けしたような変な感覚。
ただはっきりしていたのは、
確実に前に進んだという実感。

 

- 「ボトムアップ」vs「トップダウン」

push ups

これまで自分は「基礎を作ってから、積み上げていく」という考え方にこだわってきた。
縄跳びに限らずどんなことにでもいえると思うけど、
基礎が無い状態で臨むのは、リスクが大きい。
アクロバットで言えば怪我の危険性や、命にもかかわる。

ところがどうだろうか。
今回、Adriennはまったく逆のやり方をした。

基礎が無いことを分かった上で、全体を見通せるように構成を作る。
もちろん失敗や上手くいかない部分が出てくるのは百も承知。
でも最初から失敗するのを考慮の中に入れて、
出てきた失敗は後で時間をかけて練習すればいい
という考え方。

 

基礎・基本を「ボトム」と表現するならば、
これまでの自分のやり方は「ボトムアップ」だ。
技術の安定性を求めるには適したやり方だけど、
一方で途方もない時間が必要になる。

反対に目標とする演技を「トップ」と表現すれば、
今回のAdriennのやり方は「トップダウン」だ。
最初に目標まで到達してしまって、その上で見つかった問題点に随所対応していく。
崩れる可能性はあるが、時間は圧倒的に少なくて済む。

 

★★

 

「ボトムアップ」と「トップダウン」は一概にどちらがいいとは言えない。

 

今回のケースではショーを目指して練習をした。
しかもAdriennがコーチをするのは1週間という期限付き。

たしかにショーに出すうえで、安定性や基礎があるに越したことは無いだろう。
だがここは学校ではない。今日も観客が観に来る、ショーの現場なのだ。

「トップダウン」というやり方は、ショーの実情にとてもよく合っている。
丁寧に基礎練習に時間をかけるだけが、トレーニングではないのだ。

時間も場所も有限、ときに、
基礎の「有り」「無し」はさほど重要じゃなくなる。

付け加えておくと、
Adriennはガッツリ競技の人なので、こと基礎基本には厳しい。
彼女の演技の美しさや優雅さは、絶対的な基礎力あってのこと。
だがそれはあくまで、「技術を身につけていく」考え方の1つでしかない。
彼女自身も、

 

「競技選手にはちゃんと基本から教えるけど、ここでは時間が無い」
「場所によって、求められるものが違うから」

傍からすると無謀に思えた今回の手法、
求められたものを正確に理解したAdriennの鋭さはさすがだった。

 

今回のAdriennの指導法は今後、
自分がコーチをする立場になったとき、
大切な視点の1つとしてしっかり覚えておきたい。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。