「縄跳びは結んで保管しましょう!」←あ、それオススメしません。

なわとび

 

あなたはどうやって縄跳びを保管しているだろうか?

 

きっと上の写真のように結んで保管していると思う。小学校の体育の時間、授業で使う時以外は結んで机の横に引っ掛けておきましょう、なんて指導をされた人も多いはず。

 

だがこの保管方法、実はオススメできない。なぜなら上達を遅らせる原因になるからだ。

 

- なぜ縄跳びを結ぶようになったか?

我々は無意識のうちに「縄跳びは結んで保管」と刷り込まれているが、実はこの背景に「先生側の事情」がある。

 

もし子どもが結ばずに縄跳びを持っていたらどうなるだろうか。それはもう地獄絵図である。振り回す、勝手に跳ぶ、グリップを地面にカンカンする…先生が話をしたい時も集中が続かない。そこで先生方は対策として縄跳びを結ぶことを提案した。

 

また縄跳びは解いた状態だと長くて保管に困る。グチャグチャにして袋に入れようものなら、他のものに絡まってこれまた大惨事。体育以外の授業中にコンパクトかつ合理的に保管できるという理由から、小学校では結んだ状態での保管が推奨されているのだ。

- 結ぶ → 癖がつく → 上達の妨げ!?

先生側の事情は理解できる。しかし子どもの上達を考えると、結んだ状態での保管はオススメできない。

最大の理由が縄跳びにクセがついてしまうこと。
中でもビニール製のロープ*1は冬場に結ばれたまま保管するとクセが残ってしまう。このクセが上達を妨げる要因になる。

 

なわとび買ってもらった!
(※)癖がついた状態の縄跳び

 

不規則に変形したロープは足が掛かりやすい。本人はまっすぐ回しているつもりでもロープが予測不能な動きをする。二重跳びのように早く回す技なら遠心力で伸ばされるけど、前とびや交差とびは本当に難しい。

 

これは単純な歪みに加え、回した時の空気抵抗が変化することも原因だと思う。

- 真っすぐ伸ばして保管しよう!

結んで癖がついた縄跳びは上級者でも跳びづらい。そこでオススメしているのは伸ばして吊るす保管方法だ。

 

フックのようなものを壁に取り付けて、縄跳びを真ん中から吊るして置く。こうするとグリップ*2の重さでロープが引っ張られて、自然とクセが取れていく。さらに保管方法であれば長時間保管してもクセが付くことはない。

 

f:id:shoichikasuo:20141030141604j:image:w400

 

ちなみに写真では画びょうを壁に刺して保管している。縄跳び1本であれば画びょう1つで十分だ。

- もう癖が付いている場合の直し方

とは言っても日本全国、結んで保管している人が大多数だと思う。そこで既に癖がついてしまった場合の直し方を紹介。

  1. 60℃〜80℃のお湯を沸かす
  2. ロープをお湯の中に入れて1分間ほど放置
  3. 水気を切り、10分ほど洗濯バサミで干す

(※)火傷に注意

この方法はビニールロープに抜群の効果を発揮する。ご察しの通り、ビニールは熱で変形する性質があるのを利用している。頑固なクセも一気に取れる。

 

ただ、熱すると言っても直火を当てたり熱湯を掛けるのは避けよう。ビニールの素材が変形しすぎて溶け出したり、場合によっては変質して切れてしまったりする恐れがある。同じく温めた後に無理な力をかけるとロープが伸びて千切れるので、冷ますまでは注意して扱ってほしい。

 

- どうしても結んで保管したい人へ

最後にどうしても結んで保管したい!という人のためにオススメの縄跳びを紹介。未だに学校では結んで保管する文化が根強いため、結んでも癖がつきにくくなるロープが開発された。

 

アシックス(asics) クリアートビナワ ネイビー 91-130

アシックス(asics) クリアートビナワ ネイビー 91-130

 

このロープは結んで保管しても殆ど癖がつかない。小学校では結んで保管するのが殆どなので、体育で使うのに適している。ただクセが付かない分、ロープが柔らかすぎて個人的には跳びにくいのだけど…。

 

★★

 

弘法筆を選ばずという言葉があるが、これは弘法さんぐらい上達してからの話。はじめのうちは使いやすい道具を探し、上達に合わせて道具を変えていくのが賢い方法だと思う。

 

これは縄跳びでも同じ。
道具の選び方、扱い方で上達の速度は確実に変化する。

*1:縄跳びの紐の部分

*2:縄跳びの持ち手の部分の事

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。