2014年に最も再生されたダブルダッチ動画は?:RopeTube再生ランキングトップ10

Pedestal
Photo by Terra Nova

 

2014年も残り僅か。
今年あなたが注目した「ダブルダッチ」チームはどこですか?

 

今回はダブルダッチ・縄跳び動画を収集するサイトRopetubeより、2014年最も再生された動画ランキングを発表します。果たしてあなたのお気に入りチーム何位に入っているでしょうか?

 

ダブルダッチ界の世相を表すランキングを見ながら、2014年の名シーンを思い起こしてみましょう!

 

- 10位から6位まで

10位:WLDD 2014 GUINNESS | RopeTube
9位:Double Dutch Delight WEST 2014 Mythology | RopeTube
8位:ダブルダッチ 岡山大学 Ganache | RopeTube
7位:WLDD2014 OPENING | RopeTube
6位:敗者復活枠 D-United DDDE2014 | RopeTube

 

ここまでで5チーム中4チームは関西のチームですね。やはり注目度の高い大会映像に再生回数が集まったようです。2014年のNLLDを制覇したMythologyが9位止まりだったの意外でした。

では続いてトップ5です。

- 第5位:焰麗(日本体育大学) Double Dutch Delight East 2014~オープン部門

 

日本体育大学乱縄より、「焰麗」がランクイン。48秒辺りでヒョイッとロープを投げる技、ラストに向けて自然とチームメンバーから笑顔が溢れてくるのが個人的にポイントでした。

 

- 第4位:DDCW2014 Basic

続いてはDouble Dutch Contest World2014より「Basic」。何よりこのチームはハリーとスピードステップがスゴイ。観ていてロープが通過しているのを忘れそうになるほどスムーズ。ジャンパーはもちろん、ロープを踏んでも気迫で押し戻すターナーの技術にもウットリです。

いよいよ、ここからトップ3に入ります。

- 第3位:【Double Dutch TV】DDCW 2014 OPEN 『浪速連合参謀本部突撃部隊』

 

お次は関西より「浪速連合参謀本部突撃部隊」がランクイン。言わずもがなの圧巻のパフォーマンス。1分30秒前後の面ハリーと周囲のシンクロは、何回見ても気持ちいい!!技術はもちろん、演出や演技全体の雰囲気、そしてキャラクターがはっきりしていて、ランキング1位でも全く不思議のないハイレベルな演技でした。

- 第2位:DDCW2014 アゲサゲ

 

第2位は東京大学D-actより「アゲサゲ」です。さすがはDouble Dutch Contest Worldのチャンピオンですね。再生回数も一気に増えました。3分前後で全員がステージからハケる。。。という斬新な演出。ダブルダッチの新しい可能性を見せてくれたアイディアパフォーマンスです。

3位の浪速連合参謀本部突撃部隊とは全く違うスタイルである「アゲサゲ」。こうしてスタイルが違うチームが上位で並ぶというのも興味深いことです。それだけダブルダッチの範囲が広がったとも言えそうです。

さて、最後は第一の発表!!!

 

- 第1位:【Double Dutch TV】DDDK 2014 『ブランチ』

栄えある第一位はキッズチームより「ブランチ」でした。映像のDouble Dutch Contest World2014のNovice部門で優勝、さらに先日のNDDL2014のNovice部門優勝、向かうところ敵なしの「ブランチ」はRopeTube再生ランキングでも優勝です。

 

2位、3位から倍近くもの再生回数を記録いたことからも、彼らの注目度の高さがわかります。もはやダブルダッチは学生や大人だけのものじゃない、これからのダブルダッチは自分達が背負っていくのだ!!という「ブランチ」の声が聞こえてきそうです。

 

- まとめ

いかがでしたか?
こうしてランキングを通じて2014年を見ると、関西チーム快進撃が見て取れます。関東チームばかりが入賞する時代はもう終わりを告げたのかもしれません。

 

そして将来のダブルダッチ界を担うKids達がランキング上位に来たのも、業界の裾野が広がった証拠ではないでしょうか。

 

2014年に活躍したチームの演技を見ながら、どうぞ良いお年をお迎えください。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。