マイアミに「牛角」が出来た!!日本の焼肉が恋しい時にオススメです。ただ旅行者にはガッカリかも。

f:id:shoichikasuo:20150104143009j:plain

マイアミに「牛角」ができたんですよ!!

Gyu-Kaku Japanese BBQ
34 Southwest 13th Street Unit R1
Miami, FL 33130

(※)最近出来たばかりだからか、公式ページにはまだ掲載されていません。

 

オーランドには「焼き肉」のお店がありません。あるのは韓国系のお店ばかりで、日本式の焼き肉は帰国しないと食べることが出来ませんでした。マイアミは遠いですが、日本よりはまだ近い!

 

ということで、Amalunaを見に行った機会にマイアミの牛角を体験してきました。

 

- 海外アレンジされても十分楽しめる

f:id:shoichikasuo:20150104143009j:plain

 

海外に進出する日本のお店は、現地の人に合わせてアレンジするのが殆ど。過去に某有名なラーメン屋さんにも行きましたが、現地にアレンジされすぎてて、正直微妙でした。

マイアミの牛角もややアレンジはされていましたが、十分に日本と同じように焼き肉を楽しむことが出来ます。ちゃんと網の上で薄切り肉を焼くことが出来ますよ。

 

f:id:shoichikasuo:20150104133319j:plain

 

ただ残念だったのが「炭火」ではないこと。バーベキューでは炭火を使いますが、さすがに店舗内では自粛したんでしょうか。それと網は日本のより2倍ぐらい太いです。そのためか網を交換する度に「油」を塗ってくれます。まぁそれでもくっつくんですけどね。

 

- 日本の10分の1ぐらいのメニュー数

メニュー数は正直少ない印象でした。とりあえず大皿を!とかカルビ専用ごはん〜!といった贅沢はできません。旅行で来た人には物足りないでしょうが、それでも海外在住日本人にとっては十分に感じる品揃え。

 

あと細かいですが日本語表記がされているのも嬉しい。英語表現で名前が変わってしまうと、お目当てのお肉が頼めません。例えばロースは「premium sirloin」。どこにもロースなんて言葉がないので、日本語があって助かりました。

 

ちなみにメニューの上に段にカルビやビビンバが記載されています。下の一覧メニューばかりを気にしていると見逃がす場合があるので要注意です。

 

f:id:shoichikasuo:20150104133125j:plain


f:id:shoichikasuo:20150104133219j:plain

 

つけダレは3種類。それぞれ写真の通り「Ponzu」「Spicy」「Sweet Soy」の3つが各テーブルに常備されています。個人的にはPonzuがオススメ。というのも肉が全て「タレ」で出てきたくるんですよ。注文の時に確認もされず、おそらく選べないのかな?という感じでした。

 

f:id:shoichikasuo:20150104133000j:plain

そう、お肉を運んでくる度に「この肉は◯◯秒焼いてください」みたく助言してくれます。たしかに薄切り肉を網で焼いて食べるなんて、アメリカではまずしません。これはきっと焼き肉に馴染が無い現地の人向けの気配りなのでしょうね。

- 車で行くときの注意点

車で行く場合、街中なので初めてだと駐車場がわかりにくいです。

 

一番わかり易いのはお店の目の前にValetという車を預けるサービス。お店の前で鍵を渡し、お店を出てきたら車を回してもらいます。ただ1台預ける度に8ドル(現金)が必要なので、やや割高。

自分で車を停めるのであれば、お店の裏にある路上駐車場がオススメ。ただしここも有料ですよ!ちゃんと専用機でお金を払って、事前に領収書を発券して車に置いておかないと…レッカーされちゃうので注意しましょう。

どうしても有料は嫌だ!!という人は、少し離れた場所にPublic parkingがあります。ただお店まで50mほど歩くので、雨の日等は潔くValetが良いかもしれません。

 

- 全体の感想

旅行で来た人には「がっかり!」かも知れません。お肉は程々の味で値段も割高。だったら日本に帰ってから本家の牛角に行ったほうが良いと思います。

 

でも日本に頻繁に帰れないフロリダ人にはかなりオススメです。日本のまま!とまでは行きませんが、普通に美味しく焼き肉を食べられます。オーランドからマイアミまで*1牛角をを食べに行く、ぐらいのモチベーションは湧きます。

 

マイアミで日本の焼き肉が恋しい時、ふらっと牛角に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

*1:オーランドからマイアミは約400km、車で3時間30分はかかります

[スポンサードリンク]

f:id:shoichikasuo:20150104143009j:plain

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。