あなたは大丈夫?何年やっても「基礎・基本」が身に付かない理由

Writing
Photo by dotmatchbox

 

仕事でもスポーツでも「基本・基礎」は大切です。
中にはすっ飛ばしても成功する天才もいますが、多くの人にとって基礎基本を学ぶことが一人前になるための近道。

 

しかし、何年たっても同じミスを繰り返し、仕事の効率が上がらない人っていますよね?スポーツで言えば何回も同じ技や動きで判断ミスや失敗を重ねてしまう人。

 

一方であっという間に基礎基本を習得し、みるみる頭角を現す新人が居るのも事実。

 

彼らには元から才能の違いがあったのでしょうか?いいえ、問題は「基礎基本を学ぶ姿勢」にあるのです。

- 自分はオリジナリティがあると過信する

若い時には全能感があるもの。根拠もなく仕事ができる、独創的で世界初の発見とかをしちゃう!と心から信じている人も少なくありません。

 

根拠の無い自信の全てが悪いことじゃありません。物事を始めるモチベーションにもなることでしょう。ただ、全能感を持っている人が「古い知識なんて必要ない!」「自分は全く新しい概念を生み出すのだ!」という考えに進んでいくと危険信号。

 

自分の力を信じることは素晴らしいです。でも自分の力を客観的に判断する冷静さも必要です。何も知らないゆえの全能感、という現実をいつかは受け止めましょう。

 

- 頭で考え過ぎる

自分の頭で考えろ!!人の意見に流されるな!!という意見が多く聞こえてきます。たしかに現代は情報に溢れ、自分の頭で考える力が求められていると思います。しかし土台がないまま考えるのは、あまりに幼稚です。

 

行動の前に理由を考える弊害についてイケダハヤトさんも指摘していました。自分も大筋でこの意見に同意です。新人や素人が考える程度の理由より、熟練者やプロの理由のほうが説得力ありますよね?

 

基礎基本とは「型」のようなもの。素人経験や憶測で語れるほど浅いものじゃありません。なぜこんな事するの?と立ち止まる前に、とにかくやってみる。自分の考えをこねくり回している時間があれば、少しでも回数を重ねたほうが良いです。

 

- つべこべ言わずにやる!!ができない

基礎基本は、ときに退屈だったり地道な繰り返しが必要。2-3日で身に付くようなものを基礎基本とは呼びません。

 

ここで「こんな事をやる必要があるの!?」と途中で投げ出してしまう人は、何年たっても基礎基本が身に付きません。上記の「頭で考えすぎる」にも通じます。

 

基礎基本を習得するとは、無意識でも同じ判断・行動・動作が出来る状態を指します。
参考:「基礎が大事」という本当の意味を理解しているか? – 旧・teruyastarはかく語りき

 

あれこれと理由をつけて反復を怠っているようでは、何年たっても習得できるわけがありません。無意識に落とし込むのは、そんなに甘いモノじゃない。精神論ですが、つべこべ言わず、四の五の言わずにやれ!!も時には大切です。

 

- 何も考えず、作業として繰り返しているだけ

「考える前にやれ!」と上で書きました。でもやっている間はちゃんと頭を働かせてください。何も考えずに作業として基礎基本を繰り返しても何も身に付きません。

 

この動きで大切な要素は何か?
この作業でポイントになるのは何か?
なぜ非効率に見えるこの方法を取り入れているのか?

 

表向きの動きや技術を学ぶだけが基礎基本ではありません。ここに内包される「考え方」や「判断基準」も非常に大切なのです。

 

素振りを繰り返すのはなぜでしょうか?筋力トレーニングのためだけじゃないですよね。プロのバレリーナもバーレッスンを欠かさずやりますが、単なる準備運動ならあれほど長い時間を掛ける必要はどこにあるのでしょうか?

 

「なぜ?」を持ち続けることで、これら基礎基本の本質が浮かび上がってきます。

- すぐに結果を求める

人は怠けたい生き物。いかに楽をして成果を上げるかというのは、誰しも考えることです。では、基礎基本をすっ飛ばし目立つ結果を求めて行動したらどうなるでしょうか?

 

いきなり結果を出す場合もありますが、殆どの場合継続的に結果は出せません。今回は良かったけど、次はどうかわからない。これでは仕事になりませんよね。

 

実はこの考え方自体が的外れ。つまり、いきなり結果を求めるのは遠回りで、実は基礎基本を習得するほうが近道なんです。

 

一発屋芸人と呼ばれる人達は瞬間的に持ち上げられて、急激に消えていきます。彼らには「一発」を当てる爆発力はありますが、それを継続させる力がなかったのです。

 

- まとめ

縄跳び競技の試合で、大半のミスが「前とび」です。3重とびや4重とびを繰り出す世界レベルの大会でも同じこと。では、彼らに前とびの練習が足りていなかったのでしょうか?

 

そうじゃありません。彼らに不足していたのは、過酷な環境で乱されても常に同じ動きをするための基礎基本です。

 

本番の試合では緊張・不安・観客・審判など、普段の練習とは全く違う環境で演技をする必要があります。しかも失敗が許されない。こうした極限の状態でもミスしない土台こそが、基礎基本そのものなのです。

下らない、つまらない、面倒くさい、
そう言っている間にもライバルとの差はどんどん大きくなります。急がば回れ、基礎基本をシッカリ無意識に落としこむことができれば、自然と結果は付いてくるものだと思います。

[スポンサードリンク]

この記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。