【オーランド】ディズニーワールドから一番近い、日本人経営のSUSHIのお店

f:id:shoichikasuo:20150203180515j:image:w300

こんにちは!縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

仕事場がディズニーワールドの敷地内なので、よく周辺のお店にご飯を食べに行きます。

とはいってもショーが終わるのが22:30で、しかも殆どがアメリカンな感じのジャンクフードばかり…。疲れた身体がより疲れ果ててしまいます。

そこで自分が頻繁に通っているのが「Sushiorogy」というお寿司屋さん。オーランドで唯一、ファストフード感覚でお寿司の食べられる日本人経営のチェーン店です。

今回はディズニーワールドで欧米食に疲れた人向けに、日本食オアシスを紹介したいと思います。

Sushi barとSushi Shopの違い

アメリカには大きく分けて二種類のSushiがあります。

一つ目はレストランで出されるSushi。さらに板前さんが目の前で握ってくれる形式をSushi Barといいます。

こちらはSushiでもややお高めで、その分のサービスと味が保証されています。また多くの場合はお酒や他の食事と一緒に頼むので、Sushiのみに特化していないことも。

もう一つはSushi Shop。こちらはファストフード感覚で食べられるSushiで、気軽に入れて手頃な値段でSushiが楽しめます。もちろんSushi Barほどのクオリティは期待できませんが、値段を気にせず軽食感覚で入れるのが特徴です。

立地がディズニーワールド敷地の真横

今回紹介するSushiologyはファストフードのお店です。内装もポップな感じで、若い人が多い印象です。店内に食事ができるスペースもありますが、半分ぐらいのお客さんはテイクアウトしていきます。

■Sushiologyのホームページ
Sushiology.net
※Flashを使っているため、PCからご覧ください

■住所
SUSHIOLOGY Lake Buena Vista
12211 Regency Village Dr
Orlando, FL 32821

■地図

地図を見てもらえると分かる通り、Sushiologyはディズニーワールドの敷地からすぐ横にあります。シルクドソレイユのシアターがあるダウンタウンディズニーからだと、タクシーで10分程度。値段にして15-20ドルで行ける距離です。

しかも金曜日と土曜日は夜中の12時までやっていて、夜食でSushiが食べたいなぁ…なんて時にも行けます。

またSushiologyのお隣には、神戸三田、土岐、酒々井などに出店している「プレミアムアウトレット」があります。2014年にリニューアルしてさらに店舗数が増えたので、こちら目当て足を伸ばしてもいいかも。

参考ページ:Orlando Vineland Premium Outlets

日本人好みのメニューがあるが、値段はやや高め

Sushiologyは日本人経営のお店です。そのため我々の感覚に合ったメニューが沢山用意されています。

握りのはもちろん、外巻きじゃない巻物や酢の物、たこ焼きに冷奴まで。もちろんアメリカンなカリフォルニアロールもあるので、勇気のある人は是非チャレンジしてみてください。思ったより美味しいですよ?

f:id:shoichikasuo:20150203180228j:image:w300
f:id:shoichikasuo:20150203180449j:image:w300

しかしそこは海外のSushi。日本の回転寿司に比べると値段はややお高め。一皿6-8個の巻物が乗って10ドル弱。腹ペコが本気で食べたら軽く20-30ドルは超えてしまいます。

個人的には丼ものがオススメです。巻物系とほぼ同じ値段でガッツリ食べられるので、「一人一丼」+「巻物一皿」あたりがちょうどいいかも。

夜の時間は若者が増える

立地の所でも触れたとおり、ここはアウトレットが目の前にあります。なので夜の時間は賑わっていることが多く、また若者が増えます。というのも、この近くにディズニーワールドにインターンプログラムで来ている学生さんの宿舎があるんです。

仕事終わりで一杯!!なんてノリの学生さんも多いため、若干騒がしいかもしれません。

ちなみに自分たちが行くのは、もっぱら金曜日と土曜日。シルクドソレイユのショーが終わった後だとこの曜日しか空いてないんですよね。金曜日と土曜日の夜遅くに行けば、もしかすると仕事終わりのアーティストに会えるかも?です。

まとめ

たとえ短期滞在だとしても、三食毎回がジャンクフードだと嫌になってきますよね。たまにはサッパリした物が食べたくなる、それが日本人というもの。

脂っこい揚げ物やチップスに飽きたと思ったら、少しだけ足を伸ばしてSushiologyに日本のオアシスを求めに行ってはどうですか?

関連記事