個人的な成功体験にこそ「楽しさ」がある。他人が勝手に上手下手で決めつけちゃダメ。

http://www.flickr.com/photos/32066106@N06/3000043603
photo by HikingArtist.com

 

こんにちは!縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

 

自分は中高生のとき、球技と呼ばれる運動が苦手でした。サッカーやバスケはどこに走って良いか分かりません。パスを貰っても頭が真っ白になり、パニックになってるうちにボールが奪われていきます。

 

するとチームの中でも気まずい立場になり、前面に出ていかなくなる。できるだけボールに触らずに、ただ時間が端役過ぎてくれることを祈っていました。

 

運動が嫌いなわけじゃありません。むしろ今でも運動を続けているのだから、一握りの運動バカの部類に入ることでしょう。しかし中学・高校時代は体育が嫌いだった。ここには「上手な人ばかりがスポーツを好きになっていく」問題が隠されていると思うのです。

 

- 残酷な選別が始まる

小学校のときはどんなスポーツも好きでした。サッカーでもバスケでも、先頭になってボールを持って走っていた時代です。

 

しかし学年が上がるに従って「圧倒的に上手な子」というのが出てきます。クラブチームに入っていたり、天性の運動能力を持っている人たちがそれです。

 

徐々に周りに上手な人が増える中、自分は少しずつ取り残されていきました。そして気付いたときにはボールを触る機会も減少し、積極的にチームに参加しない立ち位置になっていました。

 

子どもの社会は残酷です。上手な子とそれ以外の選別が容赦なく行われ、選ばれなかった子は舞台に上がる機会すら失います。

 

- 「大好き」と「嫌い」の二極化が進む

ここまで来ると、上手な子はより結束していきます。たとえばサッカーだと、実際にボールを回しているのは両チーム合わせて4-5人。残りの17〜8人はボール移動に合わせてなんとなく走るだけ、もしくはパスが来ない安全地帯へと退避します。

 

この状態で、スポーツが楽しめているのは果たして何人でしょうか。中枢でボールを仕切る4-5人は楽しいでしょう。でも残りの大多数の人間はやることもなく、ただ時間が過ぎるのを待つばかり。

 

ここで問題なのは「別に参加したくないワケじゃない」という人も少なからず居ることです。

 

ボールを蹴るのは楽しいです。チームの一員として貢献できれば嬉しいです。でも現実にボールを持ってしまうと思うように行きません。どこに蹴れば良いかも分からず、走れと言われてもどっちに行けばいいか分からない。結局パスを貰ったこと、チームの一員として参加したことが周りの皆に迷惑をかけてしまう。

 

失敗すれば直球でヤジを飛ばされます。たとえなにも言われなくても、空気で迷惑を掛けた…と押し潰されそうになります。

 

こんな気持ちになるなら参加したくない。その結果として中枢にいる大好きな数名と、それ以外の「嫌い」な多数に二極化されてしまうのです。

 

- スポーツが好き=上手、だけではない

二極化が進めば、元はスポーツが好きだった人も少しずつ嫌いになっていきます。運動そのものが嫌いなワケじゃない、その雰囲気と失敗体験が嫌なんです。

 

先日読んだ自閉症の僕の七転び八起き

に興味深い一節がありました。

僕はスポーツもできません。しかしたとえば、野球は無理でも、キャッチボールなら、へたでも楽しいです。バドミントンも、とてもうまいとは言えませんが、一回でも打てると嬉しいです。それが、好きな運動ということではないでしょうか。

 

出典:自閉症の僕の七転び八起き

著者HP:東田直樹オフィシャルサイト 「自閉症の僕が跳びはねる理由」

このフレーズは、スポーツを教える人は肝に銘じておくべきではと感じます。

 

自分は運動の楽しさは「個人的な成功体験」にあると考えています。個人が心から「やったー!!」と思える瞬間こそが、運動を好きになる礎だと思うのです。

 

それはチームに貢献したと思えたときかもしれません。前とびができた瞬間かもしれません。反対に、パスを貰って心がペチャンコになっているかもしれません。わざと上手な子がパスを出し、困らせている場合だってあるんです。

 

試合ばかりをさせて盛り上るように見えても、実際どれだけの子どもが「個人的な成功体験」を得ているでしょうか。もしかしたら、「リフティング」や「PK」にやり甲斐を感じてる子どもは苦しんでいるかもしれません。

 

これこそは成功体験である!という決めつけには、気を付けたいものです。

 

■関連記事:はじめて逆上がりが出来た女の子:成功後の一言が指導者を撃ち抜く

[スポンサードリンク]

講演・なわとび教室・パフォーマンス・出演依頼

お仕事のご依頼はお問合せフォーム、もしくは「infoアットshoichikasuo.com」まで、日程や内容をできるだけ詳しく記載の上ご連絡ください。

記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。