日本の縄跳び起源は童歌。全国の「縄跳びわらべうた動画」に歴史を感じよう

こんにちはー。
縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

 

いきなりですが、縄跳びの起源を知っていますか?

 

縄一本で出来る遊びなので、さぞかし昔からやってそうですよね。

 

日本では「わらべうた」を通して同時多発的に始まったと言われています。みなさんも「郵便屋さん」や「お嬢さんお入んなさい」は聞いたことありますよね。今回は日本全国の「縄跳びわらべうた」を集めた動画を見つけたので紹介します。

 

1. わらべうたは地域性が強い

「わらべうた」でやる縄跳びには、地域によって様々な独自ルールがあります。たとえば下の動画にある「福岡県のわらべうた」では、郵便屋さんの最後にロープを足の間で止める、というルールがあります。

 

 

さらに歌詞に方言や訛りも入ります。3’00あたりで紹介されてる「数え方」に至っては、もはや知らなければ理解不能レベルです。下のリンクから他の動画も見れるので、興味のある人は是非見てみてください。

むかしのわらべうたたち – YouTube

 

2. 縄跳びの歴史はあまり研究されていない

国内の縄跳びはこうした「わらべうた」を通じ子どもの遊びとして定着したようです。

 

文献を失念してしまったのですが、古くは「室町時代」に「縄跳びわらべうた」で遊ぶ女の子を描いた絵があったといいます。

 

また学校体育が始まった明治時代には既に「体練」として最初から「縄跳び」が種目に入っていました。当時の運動会では既に「長なわとび」をしていたというから驚きです。

 

また世界に目を向けてみても起源には諸説あるんですが、はじめて学術的に登場したのはドイツの教育学者「ヨハン・クリストフ・グーツ・ムーツ」の著書である「青年のための体育」でした。

ヨハン・クリストフ・グーツ・ムーツ
(Johann Christoph Friedrich GutsMuths、1759年-1839年)

 

ゲーテ時代の著名なドイツの教育学者で、体操の創始者の1人。グーツ・ムーツは、特に青少年の規律正しい身体教育という思想を導入し、広い運動場をつくり、また体操の最初の教科書ともなった『青少年のための体育』(Gymnastik für die Jugend 1793年、増補改訂版1804年)を執筆した。

出典:ヨハン・クリストフ・グーツ・ムーツ – Wikipedia

世界的にも子どもの遊びが発展し、体育の種目に取り入れられたというのは同じようですね。

 

3. おわりに

http://www.flickr.com/photos/12692384@N00/5826168709
photo by adwriter

誰しも一度は耳にする「わらべうた」ですが、調べてみると驚くほど種類が多いです。自分も知らない遊びばかりで興味深かった。

 

わらべうたを創ったのは子ども。つまりこれらは、彼ら自身が純粋に楽しめるように考えられたゲームなのです。

 

縄跳びを使った遊びやゲームを考える時、こうした「わらべうた」からヒントを貰うのもありではないでしょうか。

[スポンサードリンク]

講演・なわとび教室・パフォーマンス・出演依頼

お仕事のご依頼はお問合せフォーム、もしくは「infoアットshoichikasuo.com」まで、日程や内容をできるだけ詳しく記載の上ご連絡ください。

記事を書いてる人


縄跳びパフォーマー 縄のまっちゃん
 ※本名:粕尾将一(カスオショウイチ)

全国の学校やイベントで縄跳びをつかったパフォーマンスや出張なわとび教室を行い、子ども達に運動の楽しさを伝え笑顔を引き出す仕事をしています。

【略歴】
全日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界大会6位。2010年よりシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショー「La Nouba」に6年間約2500回の長期出演を果たす。