怪我からの復帰、リストラ、日本完全帰国。激動の2015年「今年の漢字」を個人的に選んでみた。 ‪#EdgeRankBloggers

スポンサードリンク

こんにちはー。 縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

参加させてもらっているオンラインサロン「ヨッセンスクール ブログ科」で同じテーマの記事を書く企画があったので参加してみます。

お題は「あなたが選ぶ今年の漢字」です。

2015年は・・・波乱というか激動というか。人生の中でも一位二位を争うぐらい色々ありました。

犠牲はときに詰め寄ってくる:失った先に見えたブログの世界
シルクドソレイユ「ラヌーバ」を2015年一杯で離れることになった

膝の怪我で長期離脱しブログに本気で取り組み始めました。
会社の事情で縄跳びアクトが2015年でカットになりました。

これだけ重なったのも何かのめぐり合わせなんですかね。ということで!今年の漢字はこちら!!!

ダダダダダダーーーー・・・・・

1. 2015年今年の漢字は「更」に決定!

今年の漢字は「更」に決定しました。

この漢字は「更新」とか「更衣」に使いますね。新しいモノに入れ替えるという意味です。また「真っ更な」のような使い方もできて、誰もまだ使っていない新しいことという意味があります。

あとは「入れ替わっていく、受け継ぐ」なんて意味もあるようで、今年の状況にピッタリかなと。

kanjitisiki.com
dictionary.goo.ne.jp

2. 2015年は過去の考えを「更新」してきた

2015年は自分の意図しない部分で「変化」を求められた年でした。最大の転機は何と言ってもシルクドソレイユを離れることになったコトですね。これはもう、本当にどうしようもなかった。

上層部の決定に対して自分がどうすか?を考える「更新」が求められたんです。

結局、自分は帰国して縄跳びの活動を再開することにしました。これもまたこの「更新」に迫られなければ考えもしなかったことです。

膝の怪我も意識を変えるキッカケになりました。あの怪我で筋トレへの意識が360℃変わったんです。

今までも怪我予防のためのエクササイズに取り組んでいました。でもこんな適当なのはダメなんだと痛感。本気で再発を予防するプログラムをこなすようになったのは、怪我の復帰後からです。

これまた自分の考えを「更新」する機会だったのかもしれません。

3. ブログの更新を本気になった

はてなブログに入って3年が経ちます。しかし「ブログ更新」を本格始動させたのが2015年。ちょうど膝の怪我で時間が余り、不安な気持ちや思いの丈を表現するのにブログが最適だったんですよね。

ブログを続けるうちに「更に更に」という感じで新しい場所に進みました。

とくに大きかったのはブロガーと呼ばれる人達の世界を垣間見たこと。2015年以前はこの楽しい世界を知りませんでした。面白い記事を書く人、社会に問いかける人、ありえないハイクオリティのレビューを書く人・・・

2015年はこれまでの人生の中で、間違いなく一番ブログ記事を読んだ年です。

4. 2016年に向けての引き締め

http://www.flickr.com/photos/58436225@N06/5403475240
photo by japanese-kanjisymbols

最後に、「更」の持つこの意味に痺れました。

たるんでいるものを引き締める。
引き締めてしゃんとさせる。
また、今までのものを新しくよいものにかえる。

更(コウ,あらためる,さら,ふける,ふかす,さらに,など)の意味や読み

たるんでいた、そんなつもりはありません。常に全力だった。

でもこれは自分が決めるものじゃないのかなと思うんです。2015年でシルクドソレイユに一区切りつけて別の環境に跳びだせ!と言われてる、そんな気がするんですよ。

2010年〜2015年まで培ってきた「今までのモノ」を新しく良いモノに変える。だから引き締めて「しゃん」とさせ、2016年に向けて「更新」していかなきゃなんだと思います。

ということで、粕尾将一2015年の「今年の漢字」でした。