オンラインサロン「縄友の会」を始動!ブログに書けない情報の共有や個別コンサルティングをします。

こんにちはー。 縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

やっと2016年になりました。本年は日本で会う機会が増えると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

新年一発目、今年から仕掛けるプロジェクトの第一弾を発表します。

有料オンライン「縄友の会」を立ち上げます

やっと準備が整いました。オンラインサロン「縄友の会」を会員15名限定で立ち上げます。

synapse.am

オンラインサロンとはネット上の公開できないモノを含めたコアな情報をやり取りする有料のコミュニティです。このサロンではブログに書けない裏事情を、共有できるギリギリの範囲まで紹介します。

  • なわとびの指導法の共有
  • シルクで見た世界ショービジネスのリアル
  • 「縄」の稼ぎ方
  • 個別コンサルティング

このサロンではこれら4つの柱を元に、一人でも多く「縄ONLY」で生きていける人を生み出すことを目指します。

たとえば自分は大学院生時代から、縄跳び1本で食べてきました。小学校への出張や派遣、イベント出演。でも実際の収入源はこれだけじゃありません。もっと多角的に「縄跳び」に紐づかせて収入を得ていたのです。

またシルクドソレイユの舞台で学んだことを、契約に違反しない範囲で共有しようと考えています。実際にステージに立っていた人間が発信する情報なので、将来シルクの舞台を目指す人には有益情報だと思いますよ!

ブログじゃ公開できる情報に限りがある

ネットではどんな情報でも手に入りそうです。しかし実際には「発信側の操作した情報」しか手に入らないんです。たとえば内部事情は公開できるものが限られています。それこそ企業戦略に関わってくるものもあるので、安易に口外したら損害を被る恐れもあります。

また個人も「お金の事」は敬遠されがち。堂々と公開している人も居ますが、あれってかなり勇気のいることなんです。また利用規約の関係で詳細の収入場やアクセスを公開したらダメ!という縛りもあります。

でも、これまで学んだ知識や経験を独り占めにしておくのは勿体ない!!と気づいたんです。だからこそ、オンラインサロンという閉じたコミュニティ内で情報を共有したいと考えました。

あ、つまり「縄友の会」で知り得た情報は口外禁止なのでよろしくお願いしますよ!!

縄跳び界に自力で稼げる人をもっと生み出したい

特にここ数年「縄だけで食べて行きたい!」という声をよく聞くようになりました。カプリオールの演技がシルクドソレイユに認められ、日本国内でも「プロを目指したい!」という風潮が強くなったのだと思います。

では、いざプロとして生きていくにはどうすればいいか?

事実プロとして活動を始めても数年以内に活動をやめてしまう人があとを絶ちません。これは演技のクオリティではなく、いかにマネタイズし生活に足るだけを稼ぐか?で上手くいかない人が多いからです。

好きなことで生きるには「いかに稼ぐか?」が重要です。どれほど情熱を持っていても、お金が回らなくなれば続けることが出来ないのです。

いくら上手でも「マネタイズ」が出来ない人はプロにはなれない

オススメは個人コンサルティング

縄友の会では情報共有だけでなく、個別のコンサルティングも実施しします。砕けて言えば、ガッツリ個別対応のアドバイスをします!ってイメージです。

今までも後輩や友人に個人的なアドバイスをすることがありました。でも縄のまっちゃんと個人的なつながりのある人以外、そう個別の対応ができなかったのが実情です。だったらオンラインサロン登録者に無料でやっちゃえ!!と思ったんです。

縄跳び関係はもちろん、スクール運営、教え方、シルクを目指すために必要な事などなど、知り得る知識と経験を総動員して全力アドバイスします。

1月25日から始動します!

縄友の会は2016年の年明けとともに募集を開始しました。

synapse.am

しかし第一回募集では15名に絞らせてもらいました。というのも、より個別に対応するためには最初はこのぐらいからジックリ始めたいと思ったんです。

当面は増員しないつもりなので、興味のある人は早めにお申し込みをお願いします。

ということで、2016年始動プロジェクト第一段「オンラインサロン縄友の会」のお知らせでした!

スポンサードリンク

関連記事