生山ヒジキは直感的にワクワクした人。「なわとび小助」正式メンバーになりました。

スポンサードリンク

こんにちはー。 縄跳びパフォーマーの粕尾将一(@macchan8130)です。

2016年のプロジェクト第二弾発表です。

帰国後は「なわとび小助」の正式メンバーとして活動をしてくことにしました。

▶なわとび小助
【生山ヒジキ公式web】縄跳び指導・縄跳びパフォーマンス なわとび小助公式webサイト TOP 生山ヒジキへのお仕事のご依頼はこちら!!

なわとびパフォーマンスチーム「なわとび小助」は、プロパフォーマーの生山ヒジキが主催するチーム。

日本で活動するにあたり、ずっと自分はこの人とやりたいと思い続けてきました。

1. 生山ヒジキの本気さ

生山ヒジキはなわとび歴的には後輩です。でも彼の活動は本気なんですよね。

縄跳びのプロで食べている個人って、2016年現在だと生山ヒジキぐらいなんです。そのぐらい本気で縄跳びのパフォーマンスや指導、そして仕事に真剣に取り組んでます。

他にも頑張ってる人はたくさん居ますが、本気度合いでいえば生山ヒジキに勝る人は居ません。この情熱を帰国のたびに見せてもらっていたので、絶対にシルクドソレイユをやめたらこの人と組みたい!と思えたんです。

2. クラウンに通じる生山ヒジキのスタイル

シルクドソレイユで一時期本気でクラウンを目指してトレーニングしました。残念ながら社内で仕事を得ることはできませんでしたが、クラウンへの憧れや挑戦意欲は今もあります。

縄跳びパフォーマンスというと「アクロバット」「三重跳び・四重跳び」といった方向が多い。でも縄跳びは跳ぶだけじゃないと思うんですよ。その一つとして自分は「笑い」「クラウン」に可能性を感じてます。

生山ヒジキの演技、本当に面白いんです。個人的に笑いのポイントが大好きなんです。

彼と一緒に演技を作っていたとき、本当に楽しかった。下らないことを下らないままに表現できる人って、そうそう居ないんですよ。

3. 直感でワクワクできる人と組みたい

縄跳びの可能性は広がっているようで、実は広げている側の人は少ないんですよ。

だからこそ「直感的なワクワク」を大切にしたい。安定、リスクが少ない、というのも選び方の一つかもしれません。でもワクワクする気持ちって、なにか新しいことを生み出せそうな直感だと思うんです。

これからの「なわとび小助」をどうぞお楽しみに!