ドラえもんミュージアムに4歳の息子と行ってみた。小さい子供は本当に楽しめるか?

こんにちは!

ドラえもん映画が大好きな縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

4歳の息子もドラえもんが大好きになり、アマゾンプライムを使って毎日のように動画を見ています。

こんなに好きならと、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(通称:ドラえもんミュージアム)に遊びにいてきました。ただ、4歳で本当の楽しめるの?と少し不安でした。

ドラえもんミュージアムでの息子の様子

ミュージアムという場所で子供が楽しめるか?不安でした。

でもこの不安は一気に吹き飛びました。

もしもボックスに飛びつく息子

2Fにあるガチャガチャ

2Fの壁にあったパズル

タッチパネルのゲームに群がる子供たち

登らずに中に興味を持つ

不思議なポーズではしゃぐ息子・・・

はらっぱにある「どこでもドア」

息子はミュージアムでずーっと大はしゃぎでした。

2Fの「みんなのひろば」はもしもボックスやガチャガチャ、タッチパネルのゲームがあります。ドラえもんミュージアム限定のムービーも見れて、小一時間ほどこのスペースにいました。

また3Fにある「はらっぱ」はドラえもん映画のキャラクターが沢山いて、どれを見てもテンション上がりっぱなし。外で走り回れたこともあって、息子は楽しかったようですね。

12時の予約で入りましたが、気づいたらあっという間に16時になっていました。

ミュージアムカフェでもドラえもん!

2Fにあるミュージアムカフェも、ドラえもん三昧です。息子はアンキパンが好きだったので、これまたテンション上がりっぱなし。

アンキパンを喜んで食べ始める

大人はカフェラテで休憩

注意点として、お昼時のカフェは混雑しているのでスグには入れません。自分たちも40分待ち!でやっと入った感じでした。

すぐに入れないときは整理券をもらって、別の場所で遊んで時間を潰すといいですよ!30分ぐらいすぐに経ってしまいますから。

展示も「おはなし電話」で楽しめる

動いたり食べたりするのは楽しめました。でも展示ブースは静かにじっくり見ていくので、大丈夫かな?と思っていました。

でも入り口でもらった「おはなし電話」のお陰で全然問題なく回ることができたんです。

写真を取ることができませんでしたが、それぞれの原画や展示の説明をしてくれる「電話子機」を貸し出してくれます。しかも大人用と子供用でわかれていて、子供が一人で聞いても楽しめるような工夫が!

ただ原画や展示を見ているだけだと厳しかったでしょう。でも「おはなし電話」があったことで、ひたすら息子も説明を聞いて楽しんでいました。

ドラえもんミュージアムは4歳でも楽しめた!

12時予約で入ったドラえもんミュージアムでしたが、気づいたらあっという間に帰る時間。

4歳の息子も途中で飽きることもなく、ずーっとハイテンションで遊び回っていました。ここまで息子が楽しめたのは、細かい細工や演出があったからなんです。

トイレの絵が「のび太くん・しずかちゃん」になっていたり、
ドラえもんの鈴が青い三角コーンにかかっていたり、
案内板にキャラクターが隠れていたり、

さすがは藤子・F・不二雄先生のミュージアムだけあって、細かいところまで子供を喜ばせる仕掛けがたくさんでした。

名古屋からは少し遠いですが、またチャンスを見つけて訪問したいです。

ドラえもんミュージアムの開園時間とアクセス

ドラえもんミュージアムはJR南武線「登戸駅」からバスで行きます。宿河原、向ヶ丘遊園駅から歩けますが、子供の体力も考えてバスにしました。

登戸駅にあるバス停。ちょっと分かりにくいかも…

バス内はドラえもんがたくさん!

バス内では4歳の息子も大はしゃぎ。どこを見てドラえもんで統一されてるので、到着までの間ずーっと喋っていましたw

バス停から10分程度でドラえもんミュージアムに到着です。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

開館時間10:00~18:30
休館日 毎週火曜日、年末年始

住所 〒214-0023
神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

小田急線およびJR南武線登戸駅より川崎市バスによる直行便が運行
※約10分間隔で運行(所要時間 約9分)
※普通乗車料金(市内均一):ICカード 大人206円、小児103円 現金 大人210円、小児110円

お問合せダイヤル0570-055-245(9:30~18:00)

関連記事