二重跳びを跳ぶための「ワンポイント」レッスン動画まとめ

こんにちは!縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

二重跳びは教えるのが難しい技ですが、ちょっとしたコツでできてしまう事があります。とくに早い前とびができたら、あっという間ですね。

技術も熟練度もあるのに、二重跳びができない。その理由は道具の不備やコツであることがほとんどなのです。

そこで今回は、もう出来そうなのに…という子どもに掛けたいワンポイントを集めた動画を紹介します。

あわせて二重跳びの練習の流れを紹介した記事を読むことをオススメします。

二重跳びに「トビナワ」が合ってないケース

2重とびワンポイント グリップの握り方

2重とびワンポイント 縄に結び目を付ける

二重跳びのための「フォーム」を作る

2重とびワンポイント 片手縄回し

2重とびワンポイント タオルを脇の下に挟む

二重跳びのジャンプを安定させる

2重とびワンポイント 視点を固定する

ちょっとしたコト、が大切

動画のワンポイントで紹介しているのは、本当にちょっとしたコトです。しかし教えるときにはこの、ちょっとしたコトこそ重要なんです。

自分は、感覚を身につけるためには豊富な言葉掛けの種類が重要だと考えています。掛ける言葉の種類が増えれば、上達を手助けしやすくなるんです。

「万能の教え方」はありませんが、必ずフィットするものが見つかるはず。

もう少しでできそうなのに!!とモドカシイ思いをした時は、この動画にある「二重跳びワンポイント」を思い出してみてください。

スポンサードリンク

関連記事