未来のために「今」を犠牲にしない。現在に精一杯向かうことが、未来を創る。

実家からの始発のバスが6時台しかありません。

10月以降は毎日のように小学校訪問で7時30分には到着しなきゃいけないので、仕方なくお隣のバス停まで15分ほどスーツケースを押していきます。

おはようございます。縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)です。

全国の小学校に訪問して、子どもになわとびを教えたりパフォーマンスをしていきたい!

こんな想いを持ち続けてはや15年。シルク・ドゥ・ソレイユや世界大会を経由して、いまは忙しく小学校を訪問する毎日。幸せなことに、なわとび1本で生計を立てています。

いわば好きなことで生計を立ている。夢が叶ってる状態かもしれません。

計画してここまで辿り着いたのか?

はじめて小学校に訪問したのは高校2年のとき。ペライチのHPから依頼が入って、中野区の小学校に訪問したのがスタートでした。

考えてみれば偶然のキッカケ。だって小学校に高校生を呼ぶなんて、常識的に考えられませんよね。しかも最初は「パフォーマンスだけを見せてほしい」というボランティアだったのが、気付いたら学年ごとに授業を任せてもらうことに。

さらに訪問した学校の数名の先生が翌年赴任されて、他の小学校でも依頼が一気に広がった。

そう、どれ一つとっても計画的に進めたワケじゃない。運良く流れが続いたことで、仕事になっていったんです。

確実な未来計画は不可能である

未来は「未だ訪れてない時間」です。極論を言えば、計画された未来なんて誰にも作れないんですよ。

テストで100点を取るために勉強をする。受験で合格するために勉強をする。でも実際のテストで出題される問題は本番当日までわからない。

必勝の交渉テクニックがあるとしましょう。相手がどんな堅物でも口説き落とせる話術だそうです。でも相手は毎回違います。経験や価値観、バックボーン、さらに国や生まれもバラバラ。

つまり、未来のことについて100%の計画をたてることは理論的に不可能。どれだけ頑張っても、あなたの力で覆せない外的要因が入ってしまうんです。

未来のために頑張るのは苦しい

将来のために頑張ろう!とか、未来のために努力しよう!というと、素晴らしい心掛けに聞こえます。でもこれって苦しいんですよ。

なぜなら、未来のための「いま」を犠牲にしてるから。未来なんて不確かなモノに、安心の拠り所を求めてるんです。

どれだけ練習しても、どれだけ勉強しても、未来は不確かです。少しでも安心したいと思って、また勉強して、練習して。未来を目標にしている限り「不安を解消したいループ」から抜け出すことができません。

はたから見れば同じ頑張ってるように思えても、

  • 不安に駆り立てられて頑張る
  • そのものを楽しんでいる

この2つには大きな違いがあることに気付く必要があるのです。

いま、目の前を精一杯

小学校訪問が仕事になったのは、偶然のキッカケの連続でした。しかし、どの訪問でも目の前の子供達に全力で向き合い続けました。

目の前の子どもに向き合ってる瞬間に、未来のことも計画も考えてられない。ただひたすら、今この瞬間を精一杯の力で頑張っていただけです。

未来は不確かですけど、いまの目の前の課題や目標って明確です。つまり目の前に精一杯の力で向き合う人に、求めてる未来が歩み寄ってくれるのではないでしょうか。

受験や大会で結果を出したくて、計画を立てることもあるでしょう。

でも大切なのは、未来のために今を犠牲にすることじゃない。不安に掻き立てられて、頑張ることじゃない。

いまの目の前に精一杯立ち向かい、未来に束縛されないことではないでしょうか。

関連記事