5分で読める「粕尾将一(縄のまっちゃん)」のプロフィール

はじめまして!

縄跳びパフォーマーのまっちゃん(@macchan8130)といいます。縄跳びを使ったパフォーマンスと縄跳び教室を仕事にしているなわとびのプロです。

2010年から15年まで世界的に有名なサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」と専属契約を結び、Skipping Ropesアーティストとしてショーに出演していました。

縄跳びパフォーマーという仕事

ほとんどの方が縄跳びパフォーマーなんて聞いたことないですよね?

だってこの仕事を作ったのは自分なんですから。いまはプロ縄跳びパフォーマーとして大きく3つの仕事をしています。

主な縄跳びパフォーマーの仕事

  1. 小学校訪問パフォーマンス&なわとび教室
  2. 一般イベント出演
  3. 舞台公演出演

シルク・ドゥ・ソレイユの出演経験で得たもの

シルク・ドゥ・ソレイユは公演回数が多いことで有名で、2010年からの5年間で約2500回のステージにたちました。

パフォーマンスの舞台では難しい技をするだけが全てじゃない。パフォーマンスとして、いかに縄跳びをエンターテイメントに高めるかを身体の芯から叩き込まれてきました。

出演していたのはアメリカのフロリダ州にある常設公演La Noubaというショーで、ソロなわとびアーティストとして出演しました。じつは縄跳び専門でシルク・ドゥ・ソレイユに出演するのはメチャメチャ珍しいんですよ。

シルク・ドゥ・ソレイユというと肉体を使った芸術というイメージがありますよね。つまり体操やアクロバットのアーティストがほとんどなので、縄跳びの専門は過去に自分を含めて数名しかいないんです。

これまでの「縄のまっちゃん」の歩み

なわとび競技でアジアチャンピオン

シルク・ドゥ・ソレイユと専属契約を結ぶ前は、競技選手としてアジア大会や世界大会に出演していました。全日本大会・アジア大会では優勝を総ナメ、世界大会でも個人総合6位まで上り詰めました。

  • 第6回世界ロープスキッピング選手権大会2006 個人総合6位
  • 第5回アジアロープスキッピング選手権大会2009 個人総合優勝
  • 第4回全日本ロープスキッピング選手権大会2008 個人総合優勝

年間100箇所以上の学校訪問の実績

2003年(当時高校3年生!!)からはじめた小学校訪問は年間100箇所を越えます。目の前で三重跳びや四重跳びをやった瞬間、体育館が揺れるほどの子どもの歓声が上がります。ホンモノの技を見た子どもの反応は想像をはるかに越えるエネルギーです。

また子どもに発達段階に合わせた指導は、本当に上達するなわとび指導として各学校で好評をいただいております。

学校のリピーター率も非常に高く8年間連続で同じ学校に訪問したことのありました。なわとびカードを渡して応援するだけでなく、45分で上達が実感できる授業を目指した指導を行っています。

お知らせ!
2016年よりノマド的節約術さまにスポンサードをしていただき、教育機関に訪問しやすくなりました。

各種メディアに取り上げてもらいました

  • 世界丸見えテレビ特捜部(NTV)
  • ぶらり途中下車の旅(NTV)
  • アッコにおまかせ(TBS)
  • 笑っていいとも(CX)
  • うたばん(TBS)
  • 熱中時間 忙中”趣味”あり(NHK)
  • BS-i超人(BS-i)
  • はなまるマーケット(TBS)
  • あらびき団(TBS)
  • ズームイン朝(NTV)

2016年のリストラとこれから

2015年にシルク・ドゥ・ソレイユをリストラされ帰国。書いて字のごとく「なわとび1本で何でもできるのだ」をモットーに、次なる拠点を愛知県名古屋市に定め、縄跳びパフォーマーとして再スタートしました。

全国の小学校訪問はもちろん、振付家や他ジャンルとのコラボレーションなど、積極的に縄跳びの可能性を追求しています。そして嬉しいことに、ブログ経由でひっきりなしに縄跳びの出演依頼を頂けるようになりました。

ガチブロガーとして運営をしているこのブログは、2016年12月に月間訪問者数50万PVを達成。さらにブログをキッカケに「ノマド的節約術」さまに教育機関訪問のスポンサー契約を結んでいただき、予算の都合で訪問できなかった学校にも行けるようになりました。

縄のまっちゃんこと粕尾将一は「縄跳びパフォーマー」x「ブロガー」として、今日も全世界に発信し続けています!!

小学校への出張指導、
縄跳びパフォーマンス依頼、
キャリア教育の講演会、etc

全てのお問合せは以下からお願いします。